若山商店

羊羹・あんみつ等、和菓子の販売|若山商店

商品カテゴリ

HOME»  わかやまのこだわり

わかやまのこだわり

わかやまのこだわり

栗のわかやま

若山商店の始まりは、戦後まもなくの昭和21年。現社長の父により、宇都宮市伝馬町にて創業されました。当時、10ヘクタールもの広大な農地で竹と栗を扱う農園を営んでいたこともあり、その栗を使った菓子作りが始まりました。
創業当時から、「若山といえば栗」と言われる通り、栗菓子には強いこだわりがあります。長い歴史の中で完成された独自の技術を用い、数日間かけて煮た、やわらかく、かつ美しく黄金色にかがやく栗を使用しています。

厳選素材と地産野菜、日光伏流水

良質な素材を選び、使用することは、美味しい和菓子を作る上で重要なことです。何度も試作を繰り返して選びぬいたさつまいも「紅あずま」。栃木県は良質な農産物の宝庫。
地元の農家さんと提携し、いちご、なし、トマト、ゆずといった新鮮な素材を直接取り引きしています。
素材に詰まったうまみを引き出し、ぎゅっと凝縮して和菓子に仕立てるためには、添加物など余計なものは必要ありません。わかやまのかんばん商品である羊かん「ほんの気持ち」は、熟練の職人が厳選した栗をひとつひとつ手作業で刳りだした栗の実と砂糖、かんてんだけを使用しています。だからこそ、おいもの味とうまみをシンプルに、美味しくお楽しみいただけるのです。
そして、和菓子にもう一つ重要な素材は“水”です。日光の神橋をくぐる大谷川は、ふもとの扇状地を流れ、きよらかで良質な水を生み出します。この日光伏流水がわかやまのすべての和菓子に深みをつくり出しています。

手作りの大量生産

お菓子づくりの現場は、機械と製造ラインによる大量生産か、完全手作りによる少量生産かに別れるのが一般的です。わかやまでは、その両方のメリットを取り入れた「手作りによる大量生産」を実現しております。蒸し羊かんなどは「板流し」の手法を用い、機械だけでは難しい細かい作業を熟練の技術を持った職人が担当します。美しく、どこを食べても美味しい食感になる二層に分かれた羊かんなどは、人の手がなければ決して作れないもの。そういった手の込んだお菓子でも、小量から大量生産まで、お客様のご要望に応じて承ることができるのが、職人気質のわかやまの強みです。

日光伏流水とこだわりの素材からつくる老舗の和菓子店

厳選した栗、小豆、さつまいもなどの素材、地元栃木で採れる旬の素材を使用。
【本物の素材】から、日光伏流水と熟練の技術で旨味を引き出す。たくさんのお客様に、和のお菓子で感動としあわせを感じていただけるよう、心をこめてつくっております。
若山商店